復興支援酒場 この店は新型コロナウイルス撲滅の為に造りました。利益は全額「コロナ対策支援金」として医療機関を始めとするコロナで資金を必要としている組織へ寄付する非営利の店えす。皆様の善意は私たちが責任を持ってお届けします。なお、店舗利益の公開は公明正大を期する為に税理士から内容を精査頂き公開します。多くの皆様に安心して楽しんで頂ける酒場を目指します。

復興支援酒場の歴史

「復興支援酒場(第二弾)」開店します

 新型コロナウイルスに立ち向かう為に「復興支援酒場」を2020年6月9日に再度開店する事を決定致しました。復興支援酒場は、東日本大震災があった2011年9月に被災地への募金を目的に「利益全額を被災地へ寄付する」事を掲げ、「お店まるごと一軒募金箱!」という宣言の下「非営利の店」として仙台駅前、銀座へ開店致しました。約1年の営業で1,500万円の利益をあげる事ができ、被害が大きかった岩手県、宮城県、福島県の3県庁へそれぞれ500万円の寄付を致し、その役割を終えました。閉店時「今後、世界で未曾有の災害が起きた時は、再度「復興支援酒場」を開店する」ことをお約束して暖簾をおろしました。今がその時だと判断致しての決定です。

 第二弾となる「コロナ撲滅復興支援酒場」は「新型コロナウイルス撲滅」の募金を目的と致します。第一弾「東日本大震災復興支援酒場」同様に「非営利の店として利益全額を寄付」致します。寄付先は、店が役割を終え、お店をしめる時点で「コロナ撲滅の為に最も有効である」と判断した組織へ寄付を致します。現在の環境であれば医療機関であると思います。ただ募金時は世界の環境が変わっている可能性がございます。数日前までは、医療機関のマスク不足が叫ばれておりましたが、その後の多くの支援により、今は病院にマスクが余っているとも聞きます。撲滅の為に最も有効な寄付先はワクチン、予防薬、検査キット等々、世界の感染状況等により刻々と変わっておると思いますのでその時点で「いま最もコロナ撲滅に有効のピンポイント先は何処か?」と判断する事に致したいと思います。「コロナ撲滅復興支援酒場」は、「東日本大震災復興支援酒場」同様、収支を税理士に精査頂き公開致して参ります。

 新型コロナウイルス撲滅の為に皆様のご協力をお願い致します。

復興支援酒場

住所
〒010-0874
秋田市千秋久保田町116-1 秋田駅前ビル1F
電話番号
018-801-1212
休日
年中無休
営業時間
【月~土】16:00~23:00(ラストオーダー22:30)
【日・祭】12:00~21:00(ラストオーダー20:30)
※連休の場合は23:00閉店、最終日のみ21:00閉店

復興支援酒場(第一弾)は各種メディアでも取り上げられました。

AAB秋田朝日放送 スーパーJチャンネル(2011年11月9日)

NHKニュースこまち(2011年9月27日)

▲このページの上へ戻る